副収入&小遣いの日記.comにようこそ!ありがとうございます。

オークションやネット内職・アフィリエイトなどを簡単説明を志しています

レンタルサーバーって何?

初めにレンタルサーバーって何?

初めにレンタルサーバーについて簡単に説明したいと思います。
レンタルサーバーとはHP(ホームページ)を置くスペースを貸してくれる(レンタル)会社です。
ホームページを作っても置く場所が無ければ誰も見れません。自分でサーバーを立てることは可能ですが自分でやるのにはかなりの知識が必要となります。

そこで登場するのがレンタルサーバー会社です。
レンタルサーバーって言うのは簡単に言うと不動産屋さんです。
私の周りにもコンピューターやインターネットなどをあまり知らない人もいるのですが「レンタルサーバーって何?」という質問をされたりします。そんな時「簡単に説明すると、ホームページ(家)を作りたいとするでしょ。でも土地がないと建てれないでしょ。その土地を貸してくれるのがレンタルサーバー会社なんですよー。」簡単に説明するとそんな感じなんですがなにぶん説明が下手ですいません。m(_ _)m

レンタルサーバー会社(不動産屋さん)には色々あるのでこの後の説明を参考に自分にあったレンタルサーバーを見つけてください。


有料HPスペース(レンタルサーバー)と無料HPスペースの違い

私も初めは無料HPスペースでホームページを作ろうとしました。でもすぐに有料HPスペースしました。なぜかと言うと無料HPスペースはなにかと不便なんです。

■無料HPスペース。
・広告があります
・HP容量が少ない。
・メールアドレスの数が少ない。
・CGIやSSIなどの便利なツールに制限がある。
・独自ドメインは使用不可。
・商用利用は基本的に不可。
・突然の不具合や閉鎖などあり。
・セキュリティやサポートが不十分。

■有料HPスペース。
・広告は無し。
・HP容量はプランによるが多い。
・メールアドレスはプランによっては無制限に作れます。
・CGIやSSIなどの便利なツールは随時対応しています。
・独自ドメイン◎。
・商用利用
・突然の不具合や閉鎖は信用問題に関わるので◎。
・セキュリティ&サポートは信用問題に関わるので万全。

確かに最近は無料HPスペースも性能が上がってきています。しかし、レンタルサーバーも最近、低価格化が進んで年間一万円以下安いところでは3000円〜4000円程度で独自ドメインや十分な容量、便利なサービスが使えます。これから、サイドビジネス(アフィリエイトやwebショップなど)を考えている方はレンタルサーバーをお薦めします。

広告の有無について

レンタルサーバーにはもちろん広告などありません。しかし無料HPスペースにはほとんどあります。もしあなたがHP(ホームページ)を無料HPスペースで作ったとしましょう。中々のよく作れたので今、気になるあの子に見せようと

あなた「俺、HP(ホームページ)作ったんだけど」
あの子「えー見たいー。」
あの子「へーよく出来てるねー」
あの子「ん?」
あの子「○○○さんって最低!」
あなた「???」
ふと見るとそこには
自分のHP(ホームページ)にHっな広告が。

なんて事もあり得るかもしれません。そんな事がないとしてもどんな広告が載るかは分らないのです。もしあなたがサイドビジネス(アフィリエイトやwebショップなど)を考えているならなおさらです。HP(ホームページ)にHっな広告が載っていたら信用できにくくなります。あなたがどんなHP(ホームページ)を作るかを考えてどっちにするか考えてみてください。

レンタルサーバーの種類

レンタルサーバーは大きく分けて三種類があります。

・共用サーバー ・仮想サーバー ・専用サーバー

この3種類の違いは
・料金 ・自由度 ・快適度になります。
下では簡単に3種類の違いを説明します。

■共用サーバー

共用サーバーは1つのサーバーを複数の人で使うサーバーです。簡単に説明するとマンションみたいな感じです。なので他の利用者(住民)に迷惑になる行為は禁止になります。迷惑になる行為とは極端にアクセスが多いとか。
(あなたのマンションの一室に表に並ぶくらい人が殺到してたら迷惑ですよね。)

アクセスが多いサイトや一つのサーバーに極端に利用者がいる場合表示速度が変わってきます。ここまでを見ると共用サーバーは「駄目なんじゃ」と思われるかもしれないですがよほどアクセスが多いサイトか(多分一日5000から10000HIT以上のサイトさん)がいるか駄目なレンタルサーバーじゃないと不具合は起きないと思います。実際、大御所webマスターさんの中でも共用サーバーを使っていて問題が無いそうです。私の考えではサイトが大きくなっていったら仮想サーバーや専用サーバーに移転してもいいと思います。

■仮想サーバー

仮想サーバーはもう少し共用サーバーより使い勝手が良くなります。仮想的に独立したOSを割り当てられているみたいでアプリケーションをインストールしたりなど共用サーバーより自由度が上がります。しかしその分料金が高くなりますが自由度や快適度が上がります。

■専用サーバー

専用サーバーはサーバーのマシン1台があなたの物です。当然、アプリケーションをインストールしたり容量もたっぷりあります。快適度も抜群でもちろん自由度も抜群です。

ただしある程度知識がないとしんどいかもしれません。しかし、現在前よりも簡単に設定できる専用サーバーもでてきています。それでもある程度の知識は必要なので良く考えてから選んでください。

このほかにもプランによって使える機能も変わってくるのでご自分にあったサーバーの種類、プランを選んでください。

チーム・マイナス6%にご協力お願いします。 クリックする事で世界の子供達が救われます! ランキングナビ 

免責事項
各サイトご利用時にあたって、当サイトではトラブル等の責任を一切負いかねますので、
ご利用の際は各個人において自己責任の下で、各サイトの注意事項やご利用規約をご覧いただきご利用下さいませ。
当サイトの内容・構成の無断転載、複製(コピー)は一切禁止いたします。